【パチンコ新台】哲也3 ~玄人の頂へ~のスペック・潜伏確変は?

確変中の電チューからの大当りは、なんと62%が16R約2400個を獲得できる!!その瞬発力に迫る・・・!

スポンサーリンク

週刊マガジンで人気を博した「哲也」、第三弾としてデビューを飾る!駆け引きが重要となる哲也の世界観を再現するべく、ひとクセあるスペックに作り上げられている。パチンコとしての面白さはもちろん、玄人の麻雀に漂う緊張感すら漂わせている。

CR哲也3 玄人の頂への機種の特徴

メーカー 大一商会
特徴 確変ループ
導入予定 2017年10月2日~
 スタンダードな確変ループタイプと思わせておき、通常中の大当りには、内部確変が潜伏する場合がある。
通常大当りだとガッカリさせておき、逆転して連チャンを引き戻す可能性があるので即止めは厳禁!そういったクセものぶりも哲也が戦う玄人たちの個性を再現したものといえるだろう。
原作のラスト、哲也のライバルだったドサ健も登場し、液晶演出のなかで激アツの死闘を繰り広げる。原作ファンも納得のクオリティーに仕上がっており、開発の原作に対する愛情を伺わせる。

CR哲也3 玄人の頂へのスペック

大当たり確率 通常1/319.7→確変1/49.6
賞球数/カウント数 4&1&3&15/2Ror6Ror16R/10カウント
確変突入率 65%
ST回数
ラッシュ継続率 65%
電サポ 0回or 52~83回転or次回大当りまで
大当たり出玉 約75個or約900個or約2400個

大当り確率は1/319.7で、確変突入率も65%と魅力的なスペックとなっている。

しかし、素直に確変ループに突入する大当りは50%で、残りの15%大当りにおいては、電サポもなく、通常状態に戻ったかのように見せかける。

確変中の大当り確率は1/49.6と恩恵も大きいので、すぐに引き戻せる可能性は高い。即止めしようものなら、ハイエナされてしまうこともあるので、くれぐれも注意しておきたいポイントだといえる。

確変中の電チューからの大当りは、62%が16R約2400個を獲得できる大当りとなっている。

そのため、現行では最強クラスの瞬発力を備えているといえるだろう。

 

スポンサーリンク

 

CR哲也3 玄人の頂へのリーチ・予告・ゲームフローまとめ

ゲームフロー

通常中からの大当りは二種類、16R約2400個の出玉が獲得でき、確変が確約される玄人バトル、6R約900個の出玉が獲得できる天運ボーナス。

天運ボーナス中は、グラ賽役物を完成させることが重要となり、見事に完成すれば、確変に突入していく。

グラ賽役物を完成しなければ、基本的には20回転で構成される「人外ノ道」ゾーンに突入する。ここでは内部確変が潜伏している可能性があるので、電サポの恩恵はないが即止めするのは危険。

「人外ノ道」で20回転させ、通常に戻れば、内部確変の可能性は否定される。しかし、「人外ノ道」が20回転で終わらないようであれば、逆に内部確変が確約されるので、それこそ打ち続けなければならない。

とはいえ、確変中は1/49.6の大当り確率なので、すぐに次回の大当りを引き当てられるはずだ。

 

リーチ

ロングリーチは三種類のキャラクターのパターンが存在するが、いずれも信頼度は低めとなっている。

再戦リーチは、対戦相手が近藤だった場合に期待度が跳ね上がる。強玄人リーチでは、菊川&海渡だった場合には特に期待がもてる。

ストーリーリーチでは、哲也のおひき、ダンチだった場合は激アツ!他にも、原作では最大のライバルだったドサ健との勝負、哲也の師匠といえる房州全回転リーチは発生するだけで、悶絶ものの演出となっている。

 

リーチ名 信頼度
 ロングリーチ ☆~☆☆
 再戦リーチ  ☆~☆☆☆
 強玄人リーチ  ☆~☆☆☆
 ストーリーリーチ  ☆~☆☆☆
 房州全回転リーチ  ☆☆☆☆☆

 

予告・チャンスアップパターン

必見!4大チャンス!!

本機の予告・チャンスアップのパターンは豊富で15種類に渡る。これだけあると画面の隅から隅まで目が離せないだろう。

ひとつひとつの期待度は低めだが、連続して発生することで期待度が高くなってくる。

 

そのなかで注目するべき、期待度の高い演出として、天運ZONE、役満テンパイ、哲也雀聖予告、ドサ健リーチといったものが挙げられる。

天運ZONEは先読み予告、役物テンパイはリーチでの麻雀バトルでの展開、哲也雀聖予告、ドサ健リーチは発生するだけで高い信頼度を誇る演出といえる。

 

CR哲也3 玄人の頂への動画・口コミ・実践報告

PV動画

 

CR哲也3 玄人の頂へのまとめ

 

王道スペックとしても魅力的だが、確変が潜伏することで、ゲーム性に深みを与えている。

さらに、原作ファンを唸らせる液晶演出の数々も見逃せないポイントだといえるだろう。

「哲也」の魅力は、麻雀を知らなくても、不思議と勝負中の緊張感が楽しめてしまうこと。麻雀パチンコだと敬遠するユーザーでも、本機だったら存分にその魅力を楽しめるはずだ。

このパチンコ機を入口にして、きっと原作を読んでみたい、観てみたいと思えてしまうに違いない。

そもそも麻雀とパチンコの組み合わせは相性が良いので、この機会に「哲也」を通して、麻雀の世界に触れてみるのもいいかもしれない。

 

参考サイト

http://daiichi777.jp/pachinko/tetsuya3/

スポンサーリンク

☆記事が良くても押さないでください☆(ホントは押して欲しい・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です